Aterm IW60の内線番号

 NTCのターミナルアダプタ AtermIW60のマニュアルによれば、内線PHSと本体データポート間で32Kデータ通信ができることになっている。マニュアルに記載はないが、本体データポートを含めた内線番号は下表のとおりである。

ポート 内線番号
アナログA #*1
アナログB #*2
本体データポート #*81
無線A #*91
無線B #*92
無線C #*93
無線D #*94
無線E #*95
無線F #*96

 それでは、本体から無線Cに登録したPHSに対して、データ通信の発呼をするときは、ATD #*93 [return]とすればいいかというと、そうは問屋が卸さない。

atd #*93
NO CARRIER
atd #/93
CONNECT 32000 PROTOCOL:PIAFS COMPRESSION:NONE

 実は、内線番号の"*"は、サブアドレスのセパレータなのだ。IW60のATコマンドは、アブアドレスの区切りは"/"がデフォルトとなっている。そこで、ATD #/93 [return]とすると、見事PHSのリンガが鳴った。

 ここに記載した内容は、メーカーの公式発表以外に私が独自に解析したものが含まれます。操作の結果についての責任は負いかねますので、あなたの自己責任で行ってください。

戻る


(C)Heian Software Engineering
2001.1.7制作